ハードディスクの交換、増設、修復方法

スポンサードリンク

外付けハードディスクの必要性と選び方

ハードディスク,トラブル,修復,大容量,増設,エラーチェック

パソコンを長く使っていると、興味のあるソフトや、画像、動画や音楽をハードディスク(HDD)に貯め込んでしまい、徐々に容量が足りなくなってしまいます。

 

HDD(ハードディスク)は、長く使っているとデータの書き込みや読み込み時にエラーが出たり、全く読み書きできなくなったりするパソコンの中では最も壊れやすい部品です。

 

読み書き時にエラーが出るようになったら、壊れる前にHDDのバックアップを取っておかないとHDDに保存した大切なデータが使えなくなるだけでなく消えてしまうことすらあります、そこで考えられる防御策は、データのバックアップを取っておくことです。

 

バックアップを取るには、内蔵されている使用中のHDD意外にもう1台HDDが必要です。

 

バックアップのために内蔵HDDをもう1台増設となると少々手間が掛かります、また、ノートパソコンには内蔵HDDが1台しか設置できません。

 

そこで、バックアップ用HDDとして候補に挙げられるのが、外付けのHDDです。

 

外付けのHDDは、内蔵HDDに比べ取り扱いが簡単で、しかも、最近では使えるソフトが付属していたりします。

 

HDDを増設するとバックアップができるだけでなく、パソコン全体のHDDの容量が増し、多くのファイルやデータを高速で保存できるようになり、スピードアップにもつながります。

 

外付けのHDDを取り付けるメリットが分かったところで、外付けHDDの選び方について少しご紹介しておきます。

 

まずは、HDDの購入に当たっての予算を決めましょう。

 

価格が高いHDDは、容量は大きく性能も良いでしょうが、あまり高いHDDでは手が出せませんよね、かと言って、安いものは容量が小さくて、高性能とは言えません、そこでHDDの容量や性能を考慮しながらそれに見合った予算を確保する必要があります。

 

HDDをネットで探してみると、1万円〜2万円位のHDDが容量も比較的大きくお買い得になっているようです。

 

ご存じの方も多いでしょうが、日本でHDDの大手と言えば、「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社です。

 

これら3社の製品であれば信頼できますし、ほぼ問題なく使えると思います。

 

予算を決めたら次に大切なHDDの条件として容量を決める必要があるでしょうね、HDDは内蔵にしろ外付けにしろ、価格のほとんどが容量で決まってしまうと言っても過言ではないくらいです。

 

文章の作成など、あまり容量を必要としないデータを扱うのであれば、100GB程度の容量があれば十分です。

 

しかし、動画などの大きなファイルを扱うのなら300GB前後は最低でも必要になります。

 

外付けハードディスクには、どのメーカーのHDDでも付属ソフトが同梱されています、付属ソフトと言ってもバックアップを重視したものからHDDのメンテを重視したものまで付属ソフトの内容もいろいろですので、外付けのハードディスクを購入する場合はこの付属ソフトも考慮しましょう。

 

最後に、パソコンへの接続方法も考慮しておかないといけません。

 

最近では、USB接続が主流ですから、コネクターの接続などには問題ないでしょう、ただ、USB接続にも、データの転送量などによって仕様が違いますので、お持ちのパソコンのUSBの仕様を前もって調べておくことをお薦めします。

 


スポンサードリンク