ハードディスク増設について

スポンサードリンク

ハードディスク増設について

ハードディスク,トラブル,大容量,増設

長い間パソコンを使っていると、ハードディスクにいろいろなデータが蓄積され使用容量が知らず知らずのうちに増えていき容量がどんどん足りなくなっていきます。

 

データの中には、不要なものも多くあるのですが、それらを整理したとしても、いつかはハードディスクの空き容量も限界になり、パソコンそのもののスピードが落ちたり、誤動作の原因になったりします。

 

ハードディスクの容量が足りなくなったからと言って、ハードディスクの交換は面倒なことです。

 

しかし、頻繁にバックアップを取っておきたいので、大容量のハードディスクが欲しい。
そんな時に考えられる方法は、ハードディスクの追加です。

 

今までの、ハードディスクをそのまま使用できて、記憶容量が大きくなります。

 

ハードディスクを追加することをハードディスクの増設と言います。

 

ハードディスクに限らず、CD、DVDドライブ等、増設できる数には限度があります。

 

お使いのパソコンに使われているデバイス(ハードディスク、CD、DVDドライブ等)を確認したうえで、内蔵でないと増設できないのか、外付けが増設可能なのかを見極めて、増設する方法を決定して下さい。

 

内蔵型は置き場所を考えたり、確保する必要がありませんが、マスター、スレーブなどの設定をジャンパで切り替える必要があったり、増設用の空きベイ(パソコン内の取り付けスペース)とサイズが合わない場合には取り付けられないといった欠点もあります。

 

内蔵型が取り付けられないパソコンやノートパソコンにも外付けのハードディスクは増設が可能です。

 

外付けハードディスクにも欠点があります、それは、外に置くので場所を取ることや、専用のインターフェースが必要な場合は、そのインターフェイスのないパソコンには増設できないと言うことです。

 

内蔵か、外付けかを決定したら、次に決めておかなければいけないのが、増設するハードディスクの容量です。

 

増設するハードディスクが、内蔵か外付けかを決め、ハードディスク容量も決まったら、次に考えるのはやはり、コスト面です。

 

コストパフォーマンスを考えると、容量と金額の比較で、1万〜2万円あたりのハードディスクが妥当ではないでしょうか。

 

最近では、1TB(テラバイト)以上のものも比較的入手しやすくなっているので、大容量のハードディスクが必要であれば、調べてみてください。

 

購入後は、ハードディスクを取り付けるだけですが、内蔵型にはBIOSの制限があり、また、内蔵型、外付け型の両方で「容量の壁」と呼ばれるOSのファイルシステムによる容量の限界があるので、パソコンにインストールされているOSが古い場合には注意が必要です。


スポンサードリンク