ハードディスクの交換

スポンサードリンク

ハードディスクの交換

ハードディスク,トラブル,交換,修復,大容量,エラーチェック

OSをインストールしてあるメインのハードディスク容量が足りなくなったり、HDDエラーが頻繁に出るようになりそろそろ壊れそうだと思ったらハードディスクを新しいものに交換する準備をしておきましょう。

 

HDDは、容量が大きくなるほどパフォーマンスも向上していることが多いので、増設したハードディスクをメインのハードディスクにするという方法もあります。

 

単に「ハードディスクの交換」だけならハードディスクを新しいものに入れ替えるだけですが、OSがインストールされていなければ、そのハードディスクから起動できないので、OSをインストールするか、古いディスクから引越しする必要があります。

 

データを移動させる必要があるのなら、古いハードディスクと交換する新しいハードディスク、そして、OSのインストール用ディスクです。

 

交換の方法次第ではOSのインストール用ディスクが必要ない場合もありますが、この方法が使えない場合も多々あるので、一般的な方法での交換作業の説明を進めていきます。

 

IDEタイプのハードディスクには、ジャンパーピンがあります。

 

そのジャンパーピンをマスター設定にすることでOSを入れてメインのハードディスクとして利用できます。

 

シリアルATAタイプのハードディスクなら、上記の作業は必要ありません。

 

ジャンパーピンを切り替えてマスター設定にする作業が済んだら古いディスクの取り付け位置に新しいディスクを取り付けましょう。

 

データを新しいハードディスクに移動させる必要があるのなら、古いディスクの設定をスレーブにしてスレーブ用ディスクの取り付け位置に取り付けます。

 

動作時の振動がハードディスク故障の原因になるのでハードディスクは、所定の位置にしっかりとねじで固定しましょう。

 

しっかりと固定できたら、後はケーブルを接続してマザーボードのコネクタにはめるのですが、コネクターの向きに注意して下さい、向きを間違えて、無理矢理差し込むと、コネクターのピンが折れたり、マザーボードに傷が付いたり、パソコン本体の故障の原因にもなりかねません。

 

マザーボードには「Primary」と「Secondary」というコネクタがあります。

 

「Primary」には、マスターに設定したハードディスク(新しいハードディスク)のコネクターを、「Secondary」には、スレーブに設定したハードディスク(古いハードディスク)のコネクターをさします。

 

ハードディスクの取り付けはこれで終了です。

 

ハードディスクの取り付け後は、BIOSで設定が正しいかどうかを確認する必要がありますが、通常は、パソコンに電源を入れロゴが表示されている時にファンクションキーを押すことで、BIOSの設定確認ができるようになるのですが、このファンクションキーの設定が、パソコンによって違うので、マニュアルでそれぞれ確認してください。

 

BIOSでハードディスクの取り付け設定が正しいことを確認できたら、HDDのフォーマット、OSのインストールをしてようやくハードディスクの交換が完了します。

 

実際にHDDを交換するときは、パソコンとハードディスクの説明書をよく確認して作業してください。


スポンサードリンク