ハードディスクのエラーチェック方法

スポンサードリンク

ハードディスクのエラーチェック方法

ハードディスク,トラブル,修復,エラーチェック

ハードディスクのトラブルを回避するために、Windows標準のエラーチェックツールを使用して、ハードディスクに問題がないかどうかを調べることができます。

 

また、ハードディスクにエラーが発見された場合は修復することも可能です。

 

エラーチェックツールの使い方は、以下のとおりです。

 

1.起動中のソフトやファイルをすべて閉じます。

 

2.[スタート]ボタンをクリックし、[マイコンピュータ]または[コンピュータ]をクリックします。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール

 

3.エラーをチェックしたいハードディスクにカーソルを合わせ右クリックし、表示されたメニューから[プロパティ]をクリックします。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール

 

4.ハードディスクのプロパティが表示されたら、上部にある[ツール]タブをクリックし、
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール


エラーチェックの[チェックする]ボタンをクリックします。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール

 

5.ディスクのチェックが表示されたら、チェックディスクのオプションにある[ファイル システム エラーを自動的に修復する][不良セクタをスキャンし、回復する]チェックボックスをそれぞれオンにして、[開始]ボタンをクリックします。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール
※[ファイル システム エラーを自動的に修復する]にチェックした場合は、システムの再起動が必要になることがあります。
※[不良セクタをスキャンし、回復する]にチェックを入れた場合は、チェック完了までに時間が掛かる場合があります。

 

6.「ディスク検査のユーティリティはWindowsファイルの一部に排他アクセスが必要なため、ディスクの検査は実行できませんでした。これらのファイルはWindowsの再起動後にのみアクセスできます。次回のコンピュータの再起動後に、このディスクの検査を実行しますか?」というメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール

 

7.パソコンを再起動します。
ハードディスク,トラブル,エラーチェックツール

 

8.コンピュータの再起動時にディスクのエラーチェックが実行されます。
エラーチェック実行時には、ブルー画面に「Checking file system・・・」メッセージが表示されます。

 

9.エラーチェックが終了すると、自動的にWindowsが起動します。


スポンサードリンク