ノートパソコンのHDD交換と注意点

スポンサードリンク

ノートパソコンのHDD交換

ハードディスク,トラブル,大容量,ノートパソコン,HDD交換

ハードディスクとはパソコンで使われている大容量の記憶装置のことで、ハードディスクは普通に使用して、その寿命の目安は3〜5年と言われています。

 

ノートパソコンをフルに活用して、デジカメで撮った写真やテレビ番組の録画などをしているとハードディスクの容量不足が問題となります。

 

ノートパソコン用のハードディスクは年々容量が増えていますが、画像や映像それに音楽など大きなデータを扱うので、もっと大きな容量のハードディスクが欲しいという方にお薦めなのが、ハードディスクの交換です。

 

ノートパソコンに内蔵されていたハードディスクを新しいハードディスクに交換することで、使える容量が増えるのはもちろん、処理速度が向上することも期待できます。

 

ノートパソコンのハードディスクを交換するとなるとすごく難しそうに思われがちですが、ノートパソコンであってもハードディスクの交換は、そんなにむずかしいことではなく、ドライバ1本あれば、簡単に行えます。

 

IBMのノートパソコンは、メンテナンスマニュアルがホームページなどネット上で公開されているので、交換方法に困ることはありません。

 

しかし、ノートパソコンを分解することで、パソコン本体のメーカ保証は受けられなくなりますので、ハードディスクの交換はあくまで自己責任で行うことになるため、交換時には注意が必要です。

 

自分にはハードディスクの交換は無理だという方には、有償で取り付けサービスを行っている代行業者もあるので、こうした取り付けサービスを利用することもハードディスク交換方法の一つです。

 

交換した古いハードディスクは、USB接続のハードディスクケースに入れれば、外付けハードディスクとしても利用できますし、そのままバックアップとして保存しておいても良いでしょう。


スポンサードリンク