HDのバックアップと方法

スポンサードリンク

HDDのバックアップと方法

ハードディスク,トラブル,大容量,増設,バックアップ

パソコンで使われている記憶装置で大容量のものにハードディスクがあります。

 

ハードディスクは、一般的なパソコンには、少なくとも1台が内蔵されており、OS(オペレーティングシステム)をはじめ、いろいろなソフトやデータを保存しています。

 

ハードディスクはパソコンに使われている部品の中では、寿命が短いことから消耗品と言われていて、使用する期間が長くなるほど故障する確立は高くなっていきます。

 

24時間ハードディスクの電源を入れっぱなしなど、特別な使い方をしている場合は別ですが、個人が、普通に使っていて3年〜5年がハードディスクの寿命の目安だと言われています。

 

ハードディスクが壊れると、記録されているデータを完全に取り出すことは、非常に困難です。

 

ハードディスクが壊れて大切なデータが失われることを防止するためには、ハードディスクのバックアップが必要です。

 

ハードディスクをバックアップするには、二つの方法があります。

 

  1. ファイル単位でバックアップを取る方法。


    バックアップしておくファイルを予め選択しておき、外付けのハードディスクなど、外部の記憶媒体にコピーする方法で、ファイル単位でのバックアップを取ることができます。

    バックアップの中では簡単な方法ですが、ソフトやOS環境までは保存できないので、ハードディスクが壊れて新たに、システムを構築し直して、バックアップしたデータから以前のパソコン環境をそのまま引き継ぐことはできません。

  2. ハードディスクドライブを丸ごとイメージとしてバックアップする方法。


    この方法は、ソフトやOS環境も含めて、全てをバックアップする方法で、もしも、ハードディスクが壊れた場合でも、バックアップした時点のパソコン環境を元通りに復元することが可能です。

    この方法でバックアップを行うには、専用のバックアップソフトが必要になりますが、現在市販されている外付けハードディスクにはほとんど付属しています。

スポンサードリンク