HDの初期化とリカバリ

スポンサードリンク

HDDの初期化とリカバリ

ハードディスク,初期化,リカバリ

ハードディスクの初期化とはOSシステムを組み込む作業で、フォーマットとも呼ばれます。

 

ハードディスクの初期化を行わないとハードディスクを使用できないのですが、今まで使用していたハードディスクを初期化すると記憶されている全てのデータが消滅します。(ただ、初期化直後であればデータを復旧できることもあります。)

 

ウィルスが感染しハードディスクに保存されたデータが破壊され、パソコンが、まともに動作しなくなった場合なは、全てのデータを消してからOSを再インストールする作業を行います。

 

OSを再インストールして購入直後の状態に戻すことを「リカバリ」と呼び、フォーマットとは少し違った形での初期化と呼ばれることがあります。

 

リカバリとは「ある時点」まで戻すという意味なので、厳密には初期化とは違うのですが、フォーマットした状態に戻せば、それは、「初期化」とほぼ同意ということになります。

 

リカバリは、ハードディスクを初期化すると言うよりも、パソコンの初期化を行うといったイメージになります。

 

リカバリの場合でも、ハードディスクのデータは全て消えてしまい、再インストールしたものだけがハードディスクに記憶されている状態になります。

 

ハードディスクのトラブルはいつ襲ってくるか分かりません、リカバリあるいは初期化が必要な状態になってからでは遅すぎます、大切なデータを保護するためにもバックアップだけは、頻繁にしておきましょう。

 

ハードディスクの初期化にはいくつかの方法がありますが、リカバリという初期化の場合は、購入したOSのパッケージにリカバリ専用のCD-ROMがついているはずなので、そのリカバリ用のCD-ROMを使って行います。

 

フォーマットは、OSによって細かい手順などが違います、今回は、WindowsXPの場合のフォーマット方法を例に説明してみます。

 

デスクトップにある、マイコンピュータを右クリックし、表示されるメニューより「管理」を選択します。

 

管理ウィンドウが新たに表示されるので、ツリーにある「記憶域」の中からディスクの管理を選択します。

 

フォーマットするディスクを選択し、そのディスクにポインタを合わせ右クリックで「ディスクの初期化」を選びます。

 

初期化が始まりますが、ハードディスクの容量などで、時間のかかることもあります、初期化が済んだらパーティションの設定をしますが、パーティションは必ず切る必要はありません、フォーマットが完了すればWindowsXPで使用できるハードディスクの初期化が完了したことになります。

 

OSの仕様やハードディスクの容量の大きさによっては「容量の壁」が存在し、完全な初期化ができないといったこともあるので気をつけてください。


スポンサードリンク