ハードディスクのコピーと方法

スポンサードリンク

ハードディスクのコピーと方法

ハードディスク,トラブル,大容量,増設,コピー

長い間パソコンを使っていると、ハードディスクから突然、音が鳴ってそのままパソコンがフリーズする、というトラブルが起こらないとは限りません。

 

ハードディスクの寿命は使い方や使っている環境によって大きく差がありますが、3年から5年、早ければ2年や半年で壊れることもあるようですが、中には、10年以上使っているが充分使用できるといったハードディスクもあるようです。

 

パソコンの中でも重要なデバイスであるハードディスクは消耗品と言われています。

 

ハードディスクには大なり小なり重要なデータが入っていると思います、もし、ハードディスクが壊れたら、これらの重要なデータも使えなくなってしまいます。

 

ハードディスクのトラブルで大事なデータが使えないなどと言うことになる前に、データのバックアップを取っておくことは大変重要な作業です。

 

「頻繁にデータのバックアップをするのは面倒だから、ハードディスクの中身をそのままコピーした方が楽じゃないの」という方もいるでしょう。

 

しかし、ハードディスクの中身をそのままコピーしようとしても、ハードディスク内のデータにはシステムの稼動中には触ることのできないデータがあります、しかも、このようなデータはシステム上重要なデータなので、コピーが不十分となり、コピーしたハードディスクではシステムが正常に動作しなくなってしまうのです。

 

OSを別のハードディスク、あるいはパーティションにインストールして、そのOSから起動させればハードディスクのコピーは可能です、しかし、この方法にも問題点があり、特にOSとしてWindows2000を使用している方にはこの方法はお薦めできません。

 

ハードディスクを完全にコピーするのは、簡単ではありません、特に通常のパソコンでのコピーはお薦めできません、では、ハードディスクを完全にコピーするにはどうすればいいのかと言うことになります。

 

ハードディスクをコピーする1つの方法に、専門業者に依頼するという方法があります。

 

専門業者と言ってもいろいろで、良心的な業者を見つけることができれば、問題なくコピーしてもらえますが、少々の出費は覚悟する必要があります。

 

ハードディスクをコピーするもう1つの方法は、ハードディスクコピーソフト(通称お引越しソフト)を使用することです。

 

市販品でも、フリーウェアでも、探せばよいソフトがあるので、信用できると思ったソフトを選び使用することです。

 

ハードディスクのコピーは、OSやソフトを再インストールするよりは楽ですが、ある程度の出費が必要だったり、手間のかかる作業が必要なことを覚えておきましょう。


スポンサードリンク