ポータブルHDとUSBメモリー

スポンサードリンク

ポータブルHDDとUSBメモリー

ハードディスク,トラブル,大容量,増設,USBメモリー

ポータブルハードディスクは、外付けのハードディスクの1つで、小型軽量化することで持ち運べるように設計製造されたハードディスクのことをいいます。

 

内蔵型HDDや外付けの据え置き型ハードディスクに比べて価格が少し高くなっていますが、持ち運びが楽な上、場所をとらないことからポータブルHDDを利用する人も多いようです。

 

最近では当たり前になってきた、持ち運びしやすい記憶媒体と言えば、USBメモリがあります。

 

USBメモリーが手ごろな価格で購入できるのに比べ、現実に使用できるだけの記憶容量を持ったポータブルハードディスクは安くても1万円程度の価格となっています。

 

しかし、USBメモリの容量は大きくて16GBのものが、8千円くらいとHDDに比べると非常に高価といえます。

 

一方、ポータブルハードディスクは、250GBから500GBのものが主流で、7千円位から1万5千円位と記憶容量と価格を単純に比較すると、ポータブルハードディスクの方が、はるかにリーズナブルな価格といえます。

 

容量当りの単価はUSBメモリの方が10倍以上するので、使用目的や予算にもよりますが、ポータブルハードディスクの購入を考えた方がはるかに経済的だといえます。

 

ただ、テキストファイルなどサイズの小さいファイルを持ち歩くためにUSBメモリーとポータブルハードディスクを比較するのなら、大きさや重量を考えてもUSBメモリーが便利だといえます。

 

一時的な記憶媒体としてだけではなく、データ保存も兼ねるのであれば、ポータブルハードディスクの方が有利です、また、ポータブルハードディスクにはバックアップ用のソフトなどが付属しているということからも幅広く使用できるといえます。

 

ポータブルハードディスクは、画像や映像、音楽ファイルなどの大きなファイルを持ち歩いたりするのに便利なように作られていて、外部または内部に衝撃吸収用の緩衝材が入っていまますが、ハードディスクは基本的に衝撃に弱く、持ち運ぶ際は、落としたり、ぶつけたりなど、強い衝撃を与えないよう注意が必要です。

 

ポータブルハードディスクを緩衝材によって選ぶ場合、外側より内側への衝撃緩和が必要な場合は内部タイプを選択し、ハードディスクケースの破損や持ち運び時の傷を嫌うのなら外部タイプを選択するのが良いでしょう。

 

ポータブルハードディスクには、携帯しやすさを重視し、電源の接続をUSBケーブルで行う製品や、胸ポケットに入るサイズまで小型化を進めた製品も売り出されています。


スポンサードリンク