パーティションの切り方と使い方

スポンサードリンク

パーティションの切り方と使い方

ハードディスク,トラブル,修復,大容量,増設,パーティション

パーティションには「分割」、「分割された部分」、そして、「仕切り」という意味があります。

 

ハードディスクには、論理的に分割された領域を意味するパーティションという言葉が使われます。

 

1つのハードディスクの領域を分割することで、2つ、3つのハードディスクがあるような働きを設定すると言うことです。

 

このように論理的に分割された領域を設定することを、パーティションを「切る」と表現します。

 

パーティションを切ることで、1つのハードディスクに違った複数のOSを導入したり、パーティションごとに作業目的を与え、ファイルを目的ごとに分けて作業やファイル管理の効率化を図ったりすることが可能です。

 

パーティションを切って、システム用のパーティションとデータ保存用のパーティションに分けることで、OSの再セットアップ時にかかる時間や、データのバックアップの時間、ドライブのデフラグにかかる時間を短縮することができます。

 

パーティションを切ると非常に便利な使い方ができる反面、ディスクの分割サイズを間違えると、容量がいっぱいのパーティションがあったり、ほとんど使用されず空き容量ばかりのパーティションがあったりといったことも起こってしまいます。

 

このように、片寄った容量が出てくると、パーティションを切り直したりデータを移動したりと余分な作業をする必要が出てきます。

 

WindowsXPでパーティションを切るには、「マイコンピュータ」を右クリックし「管理」をクリックすることでコンピュータの管理ウィンドウが開きます。

 

管理ウィンドウの「ディスクの管理」からパーティションの設定ができます。

 

未割り当て(フォーマットされていない)ディスクを右クリックして「新しいパーティション」を選択すると、新しいパーティションウィザードが起動しますので、パーティションの種類と容量を選択します。

 

この時「拡張パーティション」を選択したら、論理パーティションで、再度分割する必要があります。

 

パーティションを切り終わったらフォーマットすることで、マイコンピュータにアイコンが追加され使用可能になります。

 

ハードディスクのパーティションを変更すると記憶されていたデータが全て消えるので、データを残してパーティション設定を管理するソフトを使用するか、データのバックアップを取っておきましょう。


スポンサードリンク