ハードディスクデータの復元

スポンサードリンク

ハードディスクデータの復元

ハードディスク,トラブル,修復,復元,業者

ハードディスクのフォーマット時のミスや、パソコンの操作ミスで、大切なファイルを消してしまったと言うこともあり得ます。

 

また、ハードディスクの中には、他人には見せられない個人情報を保存している場合もあるでしょう、これらの情報が不要になったからとゴミ箱に入れ、ゴミ箱を空にしたから大丈夫と言うことは全くありません。

 

空にしたゴミ箱のデータを復元するくらいなら個人でも可能だからです。

 

中古のパソコンからの情報漏洩は、ハードディスクのデータが簡単に復元できることが一因です。

 

消してしまったデータを復活させるためのソフトに、データ復元ソフトがあります。

 

データ復元ソフトは、インターネット上で探せば、簡単にダウンロードできるものがいくらでも見つかりますし、市販もされています。

 

データ復元ソフトを使えば、消去したデータが復旧できるのはなぜでしょうか。

 

実は、ハードディスク上には消したはずのデータが残っているからなのです。

 

ハードディスクには、データそのもの以外にも、Windowsがハードディスクの内容を認識するためのデータが入っているのですが、一般的な、データの消去は、Windowsが認識できないようにすることで、Windows上ではデータが消去されたような状態になっているのです。

 

データ復元ソフトは、Windowsが認識できないデータを、Windowsで認識できる状態にするためのソフトなのです。

 

上記は、単にデータがWindows上から見えなくなった場合のことですが、ハードディスクそのものが損傷し、ハードディスクに記録されているデータが読み取れなくなる場合があります。

 

ハードディスクそのものが損傷した場合、ハードディスクへのアクセスすらできなくなり、データ復元ソフトでは全く復元できなくなってしまう場合があります。

 

ハードディスクにアクセスできないような損傷を受けた場合は、専門の復旧業者に依頼する方法を選択しましょう。

 

ハードディスクは、パソコンの部品の中では寿命が短いので、ハードディスク復旧業者に関する知識は、ある程度知っておくと突然のトラブルにも対処できるのではないでしょうか。

 

ハードディスク復旧業者は、最近増えていますが、その技術や対応は復旧業者によって違うようですので、実績なども考慮して事前の下調べは念入りに行って下さい。

 

以上が消えてしまったデータの復元方法ですが、重要なのはデータを分けておくことです。

 

データを分けると言っても、大きなデータを小さなデータに分割すると言うことではなく、メインで使っているハードディスクだけに保存しておくのではなく、別の記憶媒体にバックアップを取っておくと言うことです。

 

たとえば、外付けハードディスクなどにデータをバックアップし保存しておけば、もしもの時でも、バックアップデータから、データの復旧が可能で、慌てて復旧ソフトを探したり、復旧業者を探したりする必要もありません。

 

バックアップで、復旧できるデータは、最新のデータではなく、バックアップ時のデータですが、データ復旧を考えた場合、一番確実な方法がバックアップを頻繁に取っておくことです。


スポンサードリンク