ハードディスクのフォーマット

スポンサードリンク

ハードディスクのフォーマット

ハードディスク,トラブル,大容量,増設,ファイルシステム

パソコンに詳しい方は、フォーマットという言葉を、ご存じだと思います。

 

通常、市販されているハードディスクを購入し、増設または交換して使うには、ハードディスクをフォーマットをしなければなりませんが、フォーマットをよくご存じない方のためにフォーマットについて調べてみましょう。

 

ハードディスクのフォーマットをよく知らない方でも、CD-Rにデータを書き込んだことのある方はいらっしゃると思います。

 

CD-Rにデータを書き込む作業をしていると、「ISO9660」というのが表示されるのを見たことがあるでしょうか。

 

「ISO9660」は、データ用CD-ROMのファイルシステムの規格で、CD-Rにデータを書き込む時などに表示されます。

 

ファイルシステムとは、ファイルのサイズ(大きさ)や名前の一覧(インデックス)を何処にどのように記録するかを決めたもので、フォーマットとは、ハードディスクにファイルシステムを組み込む作業で、使用するOSによって、違った規格となっています。

 

ハードディスクは、使用するOSによってフォーマットの形式が違うため、購入者がフォーマットする必要があるのです。

 

市販されているハードディスクの中には、フォーマット済みのものもありますが、新しいOSでないと使えない規格だったり、古いOSの形式でフォーマットされているため、使えなかったり効率が悪くなったりする場合もあります。

 

フォーマットの形式に関しては、古い形式も新しい形式もそれぞれ一長一短があるので、両方の形式を使えるOSで使用するのならどちらのフォーマット形式でもかまいません。

 

しかし、OSやフォーマット形式によっては、「容量の壁」と呼ばれる現象があります。

 

「容量の壁」と呼ばれる現象は、一定以上の容量を認識しないというもので、OSとフォーマット形式の関係によって生じる現象ですので、OSとフォーマット形式の関係を知っておく必要があります。

 

最近、多くの方が使用されているWindowsOSでは、最大で2TBの壁があり、WindowsXPやWindows2000には、137GBの壁があります。

 

使用中のハードディスクをフォーマットしようとしても、そのまま直ぐにはフォーマットできません、一旦パソコンの電源を切り、ハードディスクにインストールされているOSではなく、起動用ディスクを別途用意し、そのディスクから起動し、ハードディスクをフォーマット後、OSを再インストールするという手順を踏む必要があります。

 

ハードディスクのデータはフォーマットすることで、全て消えてしまいます。

 

もし、ハードディスクに重要なデータが入っている場合は、フォーマットをする前にバックアップを取ることを忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク