外付けハードディスクの比較

スポンサードリンク

外付けハードディスクの比較

ハードディスク,トラブル,修復,大容量,増設,外付けHDD

HDDを探すには、使用目的をはっきりさせておくことが重要です。

 

バックアップが目的なら、今使っているHDDより多少は大きな容量のものが必要でしょうし、容量を増やすのが目的なら、今後どんな使い方をするかで違ってきます。

 

目的にあったHDDを購入する場合、HDDのスペックでまず第1に考えなくてはいけないのが容量です。

 

最近では、HDDの容量が1TB(テラバイト)を超えるものも出ています、値段は少し高めですが、以前のように手が届かないほどの値段ではなくなってきました。

 

SOHOや仕事で動画のような大きなファイルを扱うのでなければ、300〜500GB程度の容量があれば十分だと思います。

 

動画もほとんど扱わないというのなら100GB程度でも充分かもしれませんが、今使っているHDDより小さい容量のHDDで同じように使っていては、また直ぐに容量が足りなくなることも考えられます。

 

HDDの購入で容量の次に考慮するのは、転送速度です。

 

転送ソフトは、パソコンとの接続方法、インターフェースによって大きく左右されます。

 

現在、使われているHDD接続のための規格はSATA、USB、IEEE1394の3個がメジャーです。

 

USBでもUSB2.0は、IEEE1394と速度がそれほど変わりません。

 

USBは、ほとんどのパソコンにポートが標準でついています。

 

外付けのHDDを購入するのならUSBを使って接続する仕様のものを購入すれば問題ないでしょう。

 

ただし、USBポートが付いていてもパソコンの仕様によってはUSB2.0ではなくUSB1.1の場合があります。

 

この場合、データの転送速度が大きく違うのでHDDの速度が遅くなります。

 

HDDがUSB2.0に準拠していても、パソコンが、USB1.1では、最新のHDDを購入しても、その性能の全てを使えないと言うことになります。

 

外付けHDDでも、SATAをインターフェイスに使っているものは、HDDの書き込み速度を最大限に活かすことができる仕様となっていて、転送速度が、USB2.0の数倍速い書き込みができます。

 

ただし、接続ケーブル等を別に購入する必要が生じることがあります、製品によっては、付属しているものもあるようです。

 

別途、部品の購入や、扱いやすさなどを考えると、よほど転送速度を重視する作業をしないかぎりUSB対応のHDDで充分でしょう。

 

外付けHDD購入の主な目的の1つである、バックアップ機能について考えてみましょう。

 

バックアップというのは、通常データをHDDやリムーバブルディスク(MOやDVD)に移して保管しておくことですが、バックアップしたデータが1ヶ月前のデータだったでは、バックアップの意味がありません。

 

最新のデータをバックアップとして残したいのなら、RAID対応の製品を選ぶのが理想的ですが、RAID対応でも完全にデータを保護できるわけではありません。

 

最新のデータを保護するためには、やはり、まめにバックアップすることが一番です。

 

メーカーによって多少内容は違いますが、外付けHDDには、便利な付属のユーティリティーソフトがついてきますので、HDD購入時に考慮すべき点でもあります。

 

その他外付けハードディスクの購入時には、HDDの大きさ、動作音、冷却方法や効率も注意する必要があります。

 

特に冷却に関しては、HDDを長持ちさせるのに大変重要です。

 

以上が外付けハードディスクを購入する時に考慮すべき重要な点ですが、購入後どう使うかで考慮する点も人それぞれ違ってくるでしょう、大容量のHDDが欲しい人、長持ちするHDDを探す人、HDDのどの部分を重視するかは、それぞれ異なりますので、上記を参考にして、あなた自身で決めてください。

 

ただ、店頭で店員に希望を話してみたり、サイトで検索し、いろいろ比較するなどすれば、きっとあなたの希望に近いものが見つけられるでしょう。

 


スポンサードリンク