ハードディスク容量の上限

スポンサードリンク

ハードディスク容量の上限

ハードディスク,トラブル,大容量,増設

ハードディスク増設時に起こるトラブルの多くは、ハードディスク容量が認識されないというトラブルです。

 

ハードディスク容量を認識する限界はOSやフォーマット方法で下記のようになっています。

 

  • 2.1GB:FAT16フォーマットで認識できる容量の上限
  • 4.2GB:WindowsNTのNTFSフォーマットで認識できる容量の上限
  • 8.4GB:ディスクBIOSが提供するインターフェイス(Int13H)で、CHSパラメータを使っていることで認識できる容量の上限
  • 32GB:ディスクBIOSの認識できる容量の上限
  • 64GB:Windows98SE以前のFDISKで認識できる容量の上限
  • 128GB:28Bit LBAまたは拡張Int13の認識できる容量の上限
  • 2TB:FAT32フォーマットで認識できる容量の上限
    ※2TBは、2テラバイトと読み、2048GBに等しいことを表します。

 

ここ数年以内に購入されたパソコンであれば、FAT32フォーマットで使用できるWindowsXPやWindowsVISTAが、OSとしてインストールされていると思います。

 

FAT32フォーマットができるパソコンなら、容量を気にすることはほとんどありません。

 

しかし、最近TB(テラバイト)という超大容量のハードディスクが販売されるようになってきたことに伴い2TB以上の容量のハードディスクを使おうとする方も出てくることでしょう。

 

そんな時、2TB以上を認識しないからといってハードディスクトラブルだとは限らないことを覚えておいて下さい。

 

もちろん、パソコンに標準で取り付けられているハードディスクと増設したハードディスクの容量の合計が2TB以下である必要があります。


スポンサードリンク